01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

人生モノクロ

当ブログは、モノクロのような華やかさがまるで無い日々を、ただ平坦と綴っていく日記でございます。 自分の記録のためにやっていくので個人的内容ばかりですが、どうぞごゆっくり~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

あけいろ怪奇譚 感想 

一気にプレイしちゃいました、『あけいろ怪奇譚』。
前作のなないろリンカネーションがかなり面白かったので、その分期待も大きかったこの作品でしたが、その期待に応えられる作品だったのではないでしょうか?
書きたいことも色々とあるので、テーマ毎につらつらと書いていきます。

□良かった点
ざっくりと良かった点をば。
まずもって、「前作からの繋がり」が自分にとってはとても良い要素でした。
そもそも前作の主人公が登場!という展開が好みな自分としては、かなり興奮物のシナリオです。
加賀見家の面子が登場すると、それだけでシナリオがぐんと面白くなりますし、安心感もあります。
ただし、加賀見家の掛け合いが面白すぎて、それ以外の部分がつまらなく感じてしまうのは・・・
前作のノリを期待して、今作に挑むと多少躓くかもしれない要素ですね。
なにはともあれ、加賀見家当主様登場うおおおおおおおおとなることは間違いなしです。

あとは、あとで項目分けて書こうと思ってますが、「フローチャート」システムがとても良かったです。
シナリオのルート自体もフローが活かされる構成になってますし、ゲームを楽しむ上でかなり助けになってくれました。
その分ルートが多少複雑なゲームになっているのですが、それが楽しいと思えるならば本当にオススメなゲームだと思ってます。
逆に苦手でも、公式でルート選択を助けるパッチを配布してるようなので、そちらを使えば楽しめるかと。
そもそもたまに起動してガッツリ進めて、またちょっと放置して・・・というプレイスタイルな自分としては、
フローチャートがあるとないとでは大分違うんですよね。それにマッチするシナリオとなればもう面白いに決まってます。

■悪かった点
シナリオ面で少し残念だった点が、「ルートによって解決に至る手順が雑」ということです。
前作なないろリンカネーションでは、ルートが違っても行き着く先は大体同じ、という構成だったのですが、
先に書いたとおり、フローチャートを用いるほど、ルートによって話が変わってくる今作では、
ゲーム中の命題である、「旧校舎の幽霊」についての解決手段もルートによって大きく変わってきます。
それはそれで良いことだと思うのですが、いくつかあるルートのうち、ほぼ半数が、「俺は何もしてないけどまぁなんとかなった!!!」的な終わりを迎えます。
当然、各ヒロイン毎のルートであるので、そこで終わるわけでなく、その後の物語も展開していくのですが、
もう少し、抱えてる問題に対して何かあっても良いのでは・・・と思うことが有りました。
まぁ最低限「旧校舎の幽霊」に対する答えは各ルート出ていて、
それがルート毎に違う、というのも面白いところではあるので、無理に掘り下げるのも違うのかな・・・とは思うのですが。

あとはまぁ、悪かった点というかただビビってただけなんですが、
ホラーシーンを台詞形式じゃなくて、ムービーの用に音声のみで表現する手法がちょっと鬱陶しかったですね。
単純にルートを反復してプレイするときも、クリックじゃ飛ばせませんからね。
まぁCtrlちょい押しで飛ばせるんですけど・・・

□ルートについて
ルートの分岐の仕方がとても楽しかったので、ネタバレしない程度にちょっと書いてみようと思います。
攻略情報なんて検索すれば一発で出てくるんですけどね。素直な攻略じゃなくて、ヒント程度が良い、という変わった方もいらっしゃるかもしれませんし。

このゲームのルート分岐ですが、主人公の社がその身に霊を宿すか否かで大体の分岐が変わります。
ルート内でのBADか正規かの分岐は、それ以外の部分の選択で決まります。

何も宿さない → ベルベットBAD
花子さん → ベルベットBADor正規・佳奈BADor正規
鎌・十三階段、鏡 → 美里
花子さん、鎌・十三階段、鏡 → 所長
なんか適当に混ざってる → るりるか

こんな感じです。加賀見家に会うかどうか、というのがルート分岐になってるような感じしますが、
霊の憑依で判断してたら、勝手に加賀見家ルートにも絡んでくるので、そっちだけ気にしてればOKだと思います。
しかし、この憑依状態でルートが変わるというのも、中々面白いものが有りました。
まぁ作中、それ自体が活躍することはほぼ無いんですけどね・・・そこがもどかしかったか。
鏡に至っては、最後の最後にならないと、存在意義を感じられませんでしたからねw

■まとめ
そんな感じでざっくりと書いてみましたが、まとめると。
・前作プレイ者ならばオススメ。加賀見家の掛け合いも見れるし、今作主人公の掛け合いも中々面白い。でも前作程の物を期待するとがっかりすると思う。
・前作未プレイ者はちょっとポカーンとするシーンが多いかも。
・投げっぱルート多目。ただし、最後にまとめてくれるルートがあるので、そっちで補完をおすすめ。
・前作よりも圧倒的にホラー要素が強め。前作の緩い感じでプレイするとびっくりする。
・単品の読み物としては上等。一つの事件について色んなルートという視点から見れるのは面白い。特に前作が一方通行というか、一辺倒だっただけに今作で改良してきた所だと思う。

・ベルベットのエロシーンが神がかってるので、キャラ気に入った人は細かいこと気にせず買えばいいと思うよ。


以上、久々にノンストップでプレイしたエロゲ感想でした。

スポンサーサイト

Posted on 2016/04/06 Wed. 17:12 [edit]

category: 感想・レポとか

TB: 0    CM: 0

06

花の野に咲くうたかたの がとても心に染みる作品だった 

先日の記事でちょろっと書きましたが、久々にギャルゲーをちょいちょいプレイしております。
1年前にプレイしたのはいいが、内容もあやふやなくらい走り読みしちゃったもったいない作品、
「花の野に咲くうたかたの」を再度じっくりプレイ中です。

なんかこう、精神が安定してる時期に読むととてもじんわり来る作品だと、いまになって思っております。
怒涛の展開で飽きさせない「黄昏のシンセミア」、チャートシステムにマッチしてる「コンチェルトノート」、
漫画チックなシナリオの「紅蓮華」等々、桐月先生の過去作と比べると、ちょっと内容薄いんじゃないの?
っていうのが、前回このゲームについて触れたときの感想だったと思うのですが、
違う、違うんだ。そこがいいんだ。
ゆったりとした空気感でこそ出せる良さってのもあるんです。
ボーイミーツガールなシナリオが個人的に好き、というのもあるのですが、そこにある理由付けがなんとも好ましい。
昨今のノベル作品も見習って欲しいですね^q^
特に印象的なのは、桜花ルートの告白シーン。
「月が綺麗じゃないか」から始まる夜会話。「人を愛した後に、恋を知った。」。
なんだこれたまらんな。
あと、ボク口調のお姉さんが急に女性らしい口調になるの、たまらん。

発売してかなり時間経ってる作品だし、感想なんてこんなもんでいいんじゃないかなという衝動で書いた日記でしたとさ^q^
かなり個人的な理由もあって、一生記憶に残りそうな今作品。是非色んな人に触れてもらいたいなぁ。
やっぱり世に大きく出る作品って、シナリオ的におっきな仕掛けだったり、メーカーにお金があったりとか。
こういうあえてエロゲーという枠で世に出てくる、シナリオ重視の作品の良さは中々伝えるの難しいんだろうな。
桐月先生の作品の好きなところは、主人公と(メイン)ヒロインとの関係性というか、空気感なのですが、
世間的に一番売れたのがシンセミアってところも納得いかん。やっぱりシナリオの展開重視である。
当たり前なんだろうけど、そのなんていうか、壮大の物語を用意しましたっていうところでも、
結局は、メイン二人の掛け合いだったり、関係の描写でギャルゲーは勝負して欲しいんですよ。
いや、シナリオ全体での楽しみっていうのもあるから1から100までそうとは言えないんですけどね。
そういう意味では、今作はどちらかというとコンチェルトノート寄りといいますか、
メイン二人の行末を見守るというか、掛け合いを楽しむというか、とにかく空気感を楽しめる作品です。

毎度どうも、何書いてるか分から無くなってきたのでおしまい!
で、この作品面白いの?って聞かれて勧める作品ではないと思います。
が。カップリング厨という自覚がある方、他人のイチャイチャをニコニコしながら眺められる方、
そういった方にはオススメでしょう!

要は、桐月先生の新作はよ!!!

Posted on 2016/03/16 Wed. 07:04 [edit]

category: 感想・レポとか

TB: 0    CM: 0

16

メイプル 汎用狩場メモ 

ども、たしぃです。

珍しく毎日更新枠以外の更新です。


今回は、メイプルの狩場メモをば・・・

というのも、数日前にカイザーの育成を開始したわけですが、

いつも自分が使っている狩場に人が減っている気がしたのです。

もしかして、人気狩場も変わっているのかも?


というわけで、毎回キャラを作るたびに何処で狩ってたっけ?となる自分のメモ用と、

狩場が変わっていく前の記録用として、ちょいと記事にしとくことにしました。

画像も何もないホントにメモ記事ですが、参考にでもなればいいかと。

(そのうち追記で+αするかも)




LV.1~LV.30

省略

早速適当ですが、最近の職は最初のシナリオをこなしてりゃ勝手に30になってますからね。

冒険家でも、30辺りまでなら何を狩っても大して変わらんです。



LV.30~LV.50

カニングスクエア

鉄板です。

クエストの経験値が美味しい上に、CDの湧きが中々なので、篭っていればすぐに50迎えます。

びっくりしたのが、カイザーはメインシナリオでここに誘導されます。

美味しい狩場を探さなくても、勝手に連れて行ってくれる時代なんですね(適当



LV.50~LV.60

クリセ

あんまり鉄板ではない。

ただ、湧きもそこそこな上に、クエストは収集系なので、時間を忘れて狩ることができます∑(゚д゚lll)

多少面倒に感じるかもしれませんが、個人的にはオススメな狩場。

ちなみに、ここもカイザーでは誘導されます。すげー。



LV.60~LV.70

マガティア サソリ&モグラ

多少、背伸びをする狩場。

命中が足りない!と思いきや、最近の職は強すぎるので全然狩れます。

冒険家戦士とかは、もしかしたら当たらなすぎてハゲそうになるかもしれませんので、

アリアント辺りで修行を積んでから出直しましょう。



LV.70~LV.100

マガティア ロイド&Dロイド

言わゆるC-2。

なんか人少なくね?って思ったここまでの狩場でしたが、ココだけは現役バリバリみたいです。

70前でも、全然行けますが、上と同じくハゲそうならば、アイアンミュテ辺りをドウゾ。

100とか篭りすぎじゃね?とも思いますが、わりと本気で行けます。

頑張れば120まで行けそうな気がしますが、あきるので。



LV.100~LV.120

ロミオとジュリエット(グループクエスト)

あんまり言ったことなかったのですが、この前連れて行ってもらったらとっても美味しかったです。

Dロイドの湧くマップでタイムアップまで狩り狩りしましょう。

ただし二人で(^q^)



LV.100~LV.120

マジェスティックバイキング

湧きが増えていますし、足場の並びが良い感じなので、

上下移動のできる職なら、ここで練習しつつ狩れますね。

まぁ、動きを求められるゲームでも無くなって来ましたが(^q^)



LV.110~LV.130

レッドジャイアントタートル(龍の森1)

横に長ーいマップなので、足の早い職でどうぞ、

ハヤトで狩ると、ものすごい速さで回れるのでとても美味しかったのですが、

カイザーではそうでもなかったです。

職を選ぶかもしれません。



LV.125~LV.140

ダークリザードマン(隠れた龍の墓2

これも中々な背伸び狩り。

特殊な足場に大量のリザードマンが湧くので、これも移動しつつ狩ること前提。

足場毎の敵を殲滅するのにこだわるよりも、足を止めずに倒しまくると良い感じです。

素晴らしい狩場なのですが、残念なことにマクロ・チートの溜まり場になってます(^q^)



LV.120~

クリムゾンウッド

最強の狩場。

ボスダメが付いたファミリアを持っていたら幸せになれます。頑張ってボスダメ付けましょう。





とまぁ、こんな感じでしょうか。

結局クリムゾンウッドになっちゃうんですよねー(´・ω・`)

まぁ、火力が足りないなら、モンパソロとかでも美味しいと思うんですけどね。


とちょっと情報が古い自分の狩場でしたが、今のメイン狩場は何処なんでしょうか・・?

試験の塔のおかげでボス戦も気軽にできますし、学校も美味しいですしねぇ。

ただ、メイン狩場に出来るほど回数出来ませんし・・・


結論:高レベル狩場って何処だ。


時の神殿でコツコツ・・・というのも嫌いじゃないですぜヽ(゚ω、゚)ノ




ではでは、まったね~( ´ ▽` )ノ


Posted on 2013/01/15 Tue. 22:04 [edit]

category: 感想・レポとか

TB: 0    CM: 0

15

Rewrite考察(という名の妄想) 

ども、たしぃです。

Rewriteの考察記事を書くと行ってから、1年以上経った気がします。

Hfが発売する前には絶対書くよ!と行ってから半年が経った気がします。

・・・ごめんなさぁい(^q^)


今更ですが、不意にRewriteが懐かしくなったので、ちょっと書いてみようと思います。

といっても、Rewriteの考察なんて、Hfが出ちゃった今じゃなんの意味もないんですけどね・・・

あくまで無印の方をプレイしていた当時、僕が脳内で妄想していた内容なので、

Hfをプレイすると、矛盾している点が見られると思います。

というか、矛盾とか気にせず、こうだったら面白いな、という妄想ですからね。


では、ネタバレ注意しつつ、続きからドウゾ。
-- 続きを読む --

Posted on 2012/12/02 Sun. 04:01 [edit]

category: 感想・レポとか

TB: 0    CM: 0

02

グリザイアの迷宮 ちょいと感想 

ども、たしぃです。

たったいま、グリザイアの迷宮終わりました。

というか過去編が終わりました。

ちょっと面白すぎんよ!

ちまちま進めてきてよかったよ!じっくり読んだほうが面白いね!

今日は、卒研サボっちゃったりなんかした所為で、

チキン野郎な思考でお腹が痛くなっちゃったりしましたが、

それも忘れて衝動的に記事を書くくらいには良作でした。


そもそも、主人公が強くてニューゲーム的なエージェント物という時点で自分の大好物なわけですが、

今回のグリザイアの迷宮は、主人公の過去編ということもあり、

前作よりもそういったところが濃かったです。

まぁ、前作の個別シナリオのアフターがそれぞれ収録だとか、

ファンディスク的な要素がメインだったりしますが、

過去編の出来は、次回作への繋ぎとはいえ、かなり面白かったです。


グリザイアの果実だけプレイして満足してる人は、今すぐ迷宮まで買ってプレイしましょう。

もはや、果実のシナリオとは一体何だったのかと思えるくらいには進展ありますから!

というか、本当に果実はなんだったんだ・・・

天音と一姫関連のシナリオが伏線になってるだろうし、必要にはなってくるんだろうけど、

むしろ、迷宮がメインで、果実がファンディスクくらいの勢いでひっくり返ってます。


次回予告だとか、これまでちょい見せしてた伏線なんかが、

否応にも一姫へのつながりに見えてくる当たり、シナリオの刷り込みはかなり効いてる気がします。

これは、グリザイアの楽園も楽しみですねええええええええええええええ


ああ、これは果実の天音√をやり直しとくべきなのか・・・

果実をプレイしたときの天音√もかなり高まりましたが、過去編もかなりキテます。

まだ自分は今年になってから大して本数をプレイしてませんが、

今年も萌えゲーアワードでトップになるのも納得です・・・










↓1日1回ポチッとな。 エロゲーじゃないと出来ない物語だけどエロゲーって枠で納まって欲しくない作品をプレイしたときのどう伝えていいかわからない感じがどうにもうずうずしてたまらない感覚をわかってもらいたい


2010.03.14バナーにほんブログ村


Posted on 2012/10/12 Fri. 18:46 [edit]

category: 感想・レポとか

TB: 0    CM: 0

12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。