09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

人生モノクロ

当ブログは、モノクロのような華やかさがまるで無い日々を、ただ平坦と綴っていく日記でございます。 自分の記録のためにやっていくので個人的内容ばかりですが、どうぞごゆっくり~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

あけいろ怪奇譚 感想 

一気にプレイしちゃいました、『あけいろ怪奇譚』。
前作のなないろリンカネーションがかなり面白かったので、その分期待も大きかったこの作品でしたが、その期待に応えられる作品だったのではないでしょうか?
書きたいことも色々とあるので、テーマ毎につらつらと書いていきます。

□良かった点
ざっくりと良かった点をば。
まずもって、「前作からの繋がり」が自分にとってはとても良い要素でした。
そもそも前作の主人公が登場!という展開が好みな自分としては、かなり興奮物のシナリオです。
加賀見家の面子が登場すると、それだけでシナリオがぐんと面白くなりますし、安心感もあります。
ただし、加賀見家の掛け合いが面白すぎて、それ以外の部分がつまらなく感じてしまうのは・・・
前作のノリを期待して、今作に挑むと多少躓くかもしれない要素ですね。
なにはともあれ、加賀見家当主様登場うおおおおおおおおとなることは間違いなしです。

あとは、あとで項目分けて書こうと思ってますが、「フローチャート」システムがとても良かったです。
シナリオのルート自体もフローが活かされる構成になってますし、ゲームを楽しむ上でかなり助けになってくれました。
その分ルートが多少複雑なゲームになっているのですが、それが楽しいと思えるならば本当にオススメなゲームだと思ってます。
逆に苦手でも、公式でルート選択を助けるパッチを配布してるようなので、そちらを使えば楽しめるかと。
そもそもたまに起動してガッツリ進めて、またちょっと放置して・・・というプレイスタイルな自分としては、
フローチャートがあるとないとでは大分違うんですよね。それにマッチするシナリオとなればもう面白いに決まってます。

■悪かった点
シナリオ面で少し残念だった点が、「ルートによって解決に至る手順が雑」ということです。
前作なないろリンカネーションでは、ルートが違っても行き着く先は大体同じ、という構成だったのですが、
先に書いたとおり、フローチャートを用いるほど、ルートによって話が変わってくる今作では、
ゲーム中の命題である、「旧校舎の幽霊」についての解決手段もルートによって大きく変わってきます。
それはそれで良いことだと思うのですが、いくつかあるルートのうち、ほぼ半数が、「俺は何もしてないけどまぁなんとかなった!!!」的な終わりを迎えます。
当然、各ヒロイン毎のルートであるので、そこで終わるわけでなく、その後の物語も展開していくのですが、
もう少し、抱えてる問題に対して何かあっても良いのでは・・・と思うことが有りました。
まぁ最低限「旧校舎の幽霊」に対する答えは各ルート出ていて、
それがルート毎に違う、というのも面白いところではあるので、無理に掘り下げるのも違うのかな・・・とは思うのですが。

あとはまぁ、悪かった点というかただビビってただけなんですが、
ホラーシーンを台詞形式じゃなくて、ムービーの用に音声のみで表現する手法がちょっと鬱陶しかったですね。
単純にルートを反復してプレイするときも、クリックじゃ飛ばせませんからね。
まぁCtrlちょい押しで飛ばせるんですけど・・・

□ルートについて
ルートの分岐の仕方がとても楽しかったので、ネタバレしない程度にちょっと書いてみようと思います。
攻略情報なんて検索すれば一発で出てくるんですけどね。素直な攻略じゃなくて、ヒント程度が良い、という変わった方もいらっしゃるかもしれませんし。

このゲームのルート分岐ですが、主人公の社がその身に霊を宿すか否かで大体の分岐が変わります。
ルート内でのBADか正規かの分岐は、それ以外の部分の選択で決まります。

何も宿さない → ベルベットBAD
花子さん → ベルベットBADor正規・佳奈BADor正規
鎌・十三階段、鏡 → 美里
花子さん、鎌・十三階段、鏡 → 所長
なんか適当に混ざってる → るりるか

こんな感じです。加賀見家に会うかどうか、というのがルート分岐になってるような感じしますが、
霊の憑依で判断してたら、勝手に加賀見家ルートにも絡んでくるので、そっちだけ気にしてればOKだと思います。
しかし、この憑依状態でルートが変わるというのも、中々面白いものが有りました。
まぁ作中、それ自体が活躍することはほぼ無いんですけどね・・・そこがもどかしかったか。
鏡に至っては、最後の最後にならないと、存在意義を感じられませんでしたからねw

■まとめ
そんな感じでざっくりと書いてみましたが、まとめると。
・前作プレイ者ならばオススメ。加賀見家の掛け合いも見れるし、今作主人公の掛け合いも中々面白い。でも前作程の物を期待するとがっかりすると思う。
・前作未プレイ者はちょっとポカーンとするシーンが多いかも。
・投げっぱルート多目。ただし、最後にまとめてくれるルートがあるので、そっちで補完をおすすめ。
・前作よりも圧倒的にホラー要素が強め。前作の緩い感じでプレイするとびっくりする。
・単品の読み物としては上等。一つの事件について色んなルートという視点から見れるのは面白い。特に前作が一方通行というか、一辺倒だっただけに今作で改良してきた所だと思う。

・ベルベットのエロシーンが神がかってるので、キャラ気に入った人は細かいこと気にせず買えばいいと思うよ。


以上、久々にノンストップでプレイしたエロゲ感想でした。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/06 Wed. 17:12 [edit]

category: 感想・レポとか

TB: 0    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnseimonokuro.blog37.fc2.com/tb.php/1513-17ca5347
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。