09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

人生モノクロ

当ブログは、モノクロのような華やかさがまるで無い日々を、ただ平坦と綴っていく日記でございます。 自分の記録のためにやっていくので個人的内容ばかりですが、どうぞごゆっくり~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

真剣で私に恋しなさい! 感想レポ 

ども、たしぃです。


今回は、「みなとそふと」より発売の「真剣で私に恋しなさい!」の感想レポです。


いつもどおりの注意事項!






注意事項!


・エロゲ感想記事です。免疫の無い方はブラウザバックッ!!!


・ネタバレは大いに有りです。プレイ予定者はブラウザバックッ!!!


・管理人の個人的な見解です。気分を害されても、保障はしません!!!






では、続きから・・・


















さて、ここでもう一度、注意事項!



・ネタバレ有りです!

 しかし、今回は未プレイの方にもオススメするための記事にしますので、

 プレイ前の参考にしてくださると嬉しいです!



・エロゲ記事ですので、興味の無い方がいらしても、全くおもしろくないです。



・管理人の超自己満足記事ですので、ご注意ください。






















さて、書いていきましょう。


「みなとそふと」のゲームは今回が始めてですね。


しかし、シナリオ担当の「タカヒロ氏」の作品はいくつかプレイ済みです。


「姉、ちゃんとしようよ!」や「つよきす」など・・・


印象深い作品ばかりです。


そして、今回の「真剣で私に恋しなさい!」ですが・・・



最高に面白かったです!



流石、去年のエロゲランキング上位にあっただけあります・・・


会話の面白さ、展開の熱さ、キャラクターの魅力、どれをとっても満足でした。


そして、なんといってもスゴイところが声優の豪華さです。


エロゲにこんな人出していいの!?って方々が沢山参加してらっしゃいます。


登場キャラも沢山いますし、キャラクターの充実に関してはピカイチかもしれません。


同社の前作のキャラもチョイチョイ登場しています。


自分は、前作はプレイしていないのですが、そこらへんは調べて分かりました。


このゲームはパロネタが豊富すぎるので、調べつつプレイするのも楽しかったです(汗








でわでわ、内容に触れていこうと思います。




毎週金曜日、川神市のとある廃ビル(秘密基地)で


金曜集会と呼ばれる会合を開く7人の若者たち(風間ファミリー)がいる。


彼らは仲間のひとり・京の引越しをキッカケに週末の夜だけ


集まって遊ぶようになり、それは主人公・大和を含む仲間たちが


川神学園に通うようになった今でも慣習として続いていた。


そして2009年の春、百代以外のメンバーがすべて同じクラスになった新学期。


チームに新たなメンバーが二人加わることになった。


こうして9人の若者たちによる波乱万丈な学園生活が始まっていく。






というのが、物語の始まりです。


川神というのは、実在する川崎市ですね。


川崎市といえば、某ヒーローと秘密結社を思い出すのですが、それはまた後で・・・



そんな川神市を舞台としたドタバタなストーリーです。


メインヒロインは5名。


他にサブヒロインも攻略可能で、最後にはTUREの√があります。


少々長いですが、読んでいて飽きないので中だるみすることも無く進められると思います。




このゲームの殆どは個人毎の√なので、共通√はかなり短いです。


というわけで、√毎に感想を書いていこうと思います。


ちなみに、オススメの攻略順は・・・


百代→一子→京→まゆっち→クリス→各サブルート→ラスト


という順がよろしいかと・・・


比較的に順番は関係ないのですが、一子→京の順は崩さないほうがいいかと思います。


京√で若干ネタバレがあるので・・・




それでは、√毎の感想を書いていきます。








【百代ルート】


このゲームをプレイするにあたって、まず理解して欲しいこと。


それは、「百代最強」ということです。


タカヒロ氏のゲームをプレイした方なら強いキャラを見てきたでしょう、


しかし、その中でも最強の位置に君臨するのが、この百代です。


そういう設定なのです。何があっても最強なのです。




それをふまえてのこのルート。


そんな最強のヒロインに主人公がアタックするわけです。


主人公である大和と百代の関係は、舎弟と姉御にあります。


舎弟とスキンシップをはかろうとする百代に、大和はムラムラするわけです。


そう!ムラムラするのです!


・・・と言うのは冗談で。


大和はなんとか振り向かせようと必死にアタックします。


しかし、あくまで百代にとっては舎弟。男としては頼りない存在だと一刀両断されます。


そんな百代に男として認められるには、たった一つしか方法は無い・・・


それこそは、最強の川神百代を倒すことなのです!




ちなみに、大和は肉体派ではなく頭脳派。


あくまで作戦で百代と戦います。


物語後半では、川神学園の生徒達が総出演で戦います。


キャラを把握するという意味では、一番最初に攻略するルートとしてオススメです。


そんなわけで、熱い展開を楽しみつつも、


このルートでキャラ同士の関係や、強弱を把握しておくと他のルートがより一層楽しめると思います。




そんな熱い展開でエロシーンは要らないなぁ・・・


なって思っていたら、本当にありませんでした。びっくり。


しかし、ご安心を。


クリア後に出現するアフターストーリーでは、ねちっこい大和が見られます。






まとめると、このルートは・・・


大和が一番主人公しているルートです!


そして、タイトルに一番則しているルートでもあります。


真剣(マジ)こいの雰囲気をつかむためにも一番最初に攻略してほしいルートです。









【一子ルート】


まず最初に・・・


ワン子かわいいよ、ワン子。



さてさて、このルートにはなんと「天体戦士サンレッド」のフロシャイムが出てきます。


しかも、伏字ではなく堂々とそのままで。


どうやら、作者から許可を貰ったみたいですね。


同じ川崎市の作品だし。。。まぁいいのか。




しかし、このゲーム。パロディが凄すぎて書ききれません。


自分が覚えている限りでも、このルートだけで、


スラムダンク、恋姫無双、ストファイ、Fate、北斗の拳、ジョジョ・・・


ダメだ!やっぱり書ききれません。


Fateなんて酷いですからね。


「英雄」という名前のキャラが、某英雄王と声優が同じで、


「天 地 開 闢 の 一 撃!!!!」 なんていうエヌマエリシュを彷彿とさせる一撃を放ちます。


それが、前作から引き続き、重要な位置づけにいる「九鬼家」の人間というのがまたね・・・


おそろしや






このルートは何かと報われない気がします


特に、ゲンさんが。


ワン子はゲンさんの嫁だよ・・・やっぱ。





まとめると・・・


夢に向かって努力する大切さを知れるルートです。


しかし、その物語からか若干単調になっている感じがあります。


ここは単純にワン子の可愛さとパロネタの豊富さを楽しんでおきましょう。








【京ルート】


若干、エロ担当な感じがするルートです。


しかし、エロを抜けば風間ファミリーの過去に触れるという重要なルートでもあります。


また、共通部分での占い師の伏線はここで回収できます。




やたらとベタベタするルートなので、好きな人は好きかも?




作中では、昨年エロゲランキング1位だった、戯画の「バルドスカイ」をネタにするシーンもあります。


みなとそふとのシステムも戯画提供だし、仲の良さが分かりますねぇ





まとめると・・・


エロ担当ルートと思いきや、後に重要な伏線あり!


よって、あまり余計なことを感想で書けない(´・ω・`)








【まゆっちルート】


日本刀を抱えた、黒髪美少女!


このゲームのイメージそのままです。自分の中で。


そんなこのルートは、「まゆっちカッコイイ!」の一言に尽きます。


他ルートが、「ヒロインのために頑張る主人公。」という構図なのに対して、


どちらかというと、このルートはヒロインであるまゆっちが一方的に活躍するルートです。





パロネタでは、印象に残っているシーンがひとつ・・・



クリス「隠し味に調味料色々と、ナスきのこをいれてみた」

大和「―――――――ア、痛、い」

カチン、とあたまの中で檄鉄が落ちた。

意識がバラバラと砕けていく。



奈須さん独特の文体をパロっているそうです。





まとめると・・・


まゆっちの尻はいいものだ。







・・・ごめんなさい(´・ω・`)








【クリスルート】


そこはかとなく、ネタルートな臭いがします。


クリスは可愛い。認めよう。


しかし、シナリオがアホの子すぎてネタっぽくなってます。


メインヒロインの中では唯一3Pがあったり・・・


父が若返ったり・・・


まぁ、波乱万丈で面白いからOK!





パロネタとしては、


クッキー第3形態vsデニーロが面白かったです。


思いっきり声優ネタでした。


スネオとジャイアンでした。


本当にありがとうございました。






まとめると・・・


熱いバトル!濃厚エロシーン!


なのになんでだろ・・・ネタ臭がぬぐえない・・・








とまぁ、メインのヒロインたちはこんなもんでしょうか。


このほかにも、サブの√がいくつもあります。


そっちの方はそこまで長くは無いので、サクサク消化できると思います。


そして、全てのENDを見終えたとき・・・


TRUEの√に進むことが出来ます。





他√でちらほらと見かけていたけども、


どの√でもハッキリと関わってこないキャラクター達が居ます。


そんな奴らがとうとう主人公グループと正面対決する。


そういうお話になっています。



文字通り、主人公グループの総決戦なので、燃える展開です。


また、このキャラって何か裏がありそうだな・・・


なんて思っていたのが全てすっきりする√でもあります。


大体の伏線はここで回収されますので。


そういう意味でも、この√は実際にプレイして欲しいと思います。












っと、ここまでながながと書いてきましたが、よくわからないですね。


長くなりすぎて、自分でもわからんです。



まぁつまり、何が言いたいかっていうと、





とにかく楽しい物語ですので、やってみてくださいってことですよ。


エロ苦手ーって人も、変態紳士って人もどっちでもOKな作品なので。


あと、パロネタは本当に多いので、苦手な人は駄目かもしれません(´・ω・`)






以上、ここまで!


ありがとうございましたー。



アニメにも期待。





関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2010/05/30 Sun. 03:43 [edit]

category: 感想・レポとか

TB: 0    CM: 0

30

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnseimonokuro.blog37.fc2.com/tb.php/436-ee364cad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。