10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

人生モノクロ

当ブログは、モノクロのような華やかさがまるで無い日々を、ただ平坦と綴っていく日記でございます。 自分の記録のためにやっていくので個人的内容ばかりですが、どうぞごゆっくり~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

Rewrite考察 神戸小鳥√編 

ども、たしぃです。


この記事は予約投稿された記事です。


管理人は今頃、工場見学旅行の真っ最中でしょう。


そして、何気にこの記事で毎日更新900日目突破です!


記念すべき日が考察記事であることを喜ぶべきか、


予約投稿になってしまったことを悲しむべきか・・・



ちなみに、この記事はギャルゲ感想記事ではありますが、


カテゴリがいつもと違い、「日々あれこれ」に分類されています。


まぁこれは、上に書いたとおり毎日更新の枠の記事だからですね。


旅行から帰ったあとにでも、各考察記事をまとめて、


また感想のカテゴリでアップし直そうと思います。


そちらが各記事の完成版になると思いますので、


これから1週間分の更新はあんまり見ても意味ないかもしれません∑(゚д゚lll)



なにはともあれ、書いていきましょー。






さて、いつもの注意事項。

・ネタバレ自重していません!プレイ予定のある方は、見ない方が作品を楽しめます。

・この記事に書いてあることは、あくまで個人の感想です。誤解などもありますので注意。




では、続きからどうぞ。










さて、Rewiriteの考察記事ということですが、


まず最初にちょいと説明。


この記事は、後にまとめる記事のメモのような感じで書いていこうと思います。


随分と荒く、端的なものになると思うので、そこらへんご容赦を。







まず1日目の記事として書いていくのは、「小鳥√」。


パッケージにも大々的に登場しているヒロインです。


Key作品の特徴として、複数のヒロインの中から、一人のメインヒロインの話が深く掘り下げられます。


ということは、この小鳥さんがメインヒロイン?と思うところですが、そうでもないみたいです。


そこらへんについては、各ヒロイン√とは別に書いていくので、


まとめの記事の方で・・・




そんなメインなのか、そうでもないのか微妙な位置づけである小鳥さんですが、


一応、主人公の幼馴染として、一番最初から登場するヒロインではあります。


共通√でも、最初から主人公の瑚太郎君と仲良しです。


中学3年生のときに、告白をしたというエピソードもありますが、


それは、初回特典の方で補完してください・・・


あと、共通√についてもですが、この作品伏線が大量にありまして。


共通に触れていくのも、まとめ記事の方でやりたいと思います・・・







◯小鳥√について


やっと本題です。


ちなみに、自分は最初にこの√を攻略しました。


攻略順は、ネタバレ的な意味も含めて賛否両論ありますが、


小鳥→静流→ルチア→ちはや→朱音 の順で攻略しました。


これもまとめの方でまた触れるとは思いますが、


静流√は、ちはや√の後にやったほうがいいと思います。


自分は特に気にならなかったのですが、そういう意見が多いので。



肝心の小鳥√ですが、


自分は一番初めにプレイするのがいいと思いました。


小鳥√は、この世界の勢力が全部参加する物語なので、


この√を先にやっておくと、誰がどの勢力なのか、どんな力関係なのか、


など、簡単な情勢を把握することが出来るからです。




そんな小鳥√のライターは、クロスチャンネル等で有名な田中ロミオ氏。


全体のシナリオも手掛けています。


あくまで自分の印象ではありますが、割と残酷な展開もいけるライターさんです。


小鳥√もその例に違わず、基本的には暗めの展開です。


頼るものもおらず、段々と追い詰められていくストーリー展開となっております。


結局ラストも大した救いもなく、流れに身を任せる様な結末を迎えます。


そういった意味では、なんだかKeyの個別√らしい感じもしました。


しっかり親子の絡みも入れてきて、泣かせに来てますしね。


ただ、この√。


伏線を仕掛けるがための犠牲になっている気もします・・・


実はシナリオ自体に大した中身はなく、重要なのは、伏線だったりします。


なんだか小鳥さん可哀想。







◯伏線について


まずこの√において読み取っておきたいのは、時系列です。


各ヒロインの中でも、唯一瑚太郎の過去を語ってくれるヒロインであり、


実際にかなり真相に近い人物でもあります。



最初、瑚太郎のことについて何もしらない状態でのプレイでは、


「瑚太郎は何かしら処置を受けた改造人間で、親が真相を知っている」と想像していました。


過去に大怪我をして、そこらへんの記憶が曖昧・・・という辺りでそう読んでいたのですが、


読み進めていくと、小学生時代に駆けっこで能力を使った、という話もあり、


生まれたことからの能力で、怪我をした時期と能力は無関係?ってことで、


じゃあ怪我はどう絡んでくるのか???


なんて予想しながら読み進めるのがとても楽しい√でありました。


このRewrite自体、真相を手探りで読み解いていく感じがいいところですね。







◯つまり小鳥√は?


世界の情勢を理解するには、いい√だと思います。


逆に言えば、一気に不完全な情報が入ってくるので、


手探り感が苦手な方は、後にやってもいいかもしれません。


自分は、手探り感が心地良いタイプなので、


小鳥√の何がなんだか分からない!状態は、かなりwktkする展開でした。


伏線もたっぷりですので、2周目にプレイするのも楽しい√です。









・・・あれ、思った以上に適当だな・・・


まとめ記事では、しっかり書きますよ!






関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2011/09/26 Mon. 18:00 [edit]

category: 日々あれこれ

TB: 0    CM: 1

26

コメント

 

リライト最高(*^^*)

URL | てん #- | 2014/09/18 19:03 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://zinnseimonokuro.blog37.fc2.com/tb.php/935-a29c558d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。